オリックス銀行, カードローン, 否決

オリックス銀行のカードローン、否決されたときに考えられる原因は!?

比較的審査は通りやすいとされるオリックス銀行のカードローンですが、もちろん状況によっては思いもかけずに否決されることがあります。きちんと会社勤務もしているし過去に借り入れを滞納したこともなく、思い当たる節が無いこともあります。そのような場合に考えられるのは、申告した内容とオリックス銀行が調べた調査結果とに違いがあったということです。例えば勤務先の在籍確認は行いますが、年収の確認までは行わないものです。そこで少しでも審査が有利になるようにと、年収を多めに申告することは良くあることです。けれどもオリックス銀行では、会社の規模や年齢などから、おおよその年収を算出しています。それに対してあまりに開きがある場合には、審査で落ちることになります。あるいは他のカードローンでの借り入れが残っている場合、その正確な残額を確認せずに記憶を頼りに申告すると、実際には異なるというケースもあります。ちゃんと残額は確認してから申告することが大事です。また基本的なことですが、住所と電話番号を間違えて申告するのもNGです。意外と多いのは、引っ越しをして新しい住所をきちんと覚えていないために間違えてしまうことです。必ず確認してから申告しなければ後悔することにもなります。というのも、カードローンの申し込みにおける審査で落ちた記録というものは残るからです。一定期間の間に複数の審査に落ちてしまうと、要注意となってどこからも借り入れができなくなります。
http://orixbank-cardloan.com/